バンコク★自家製ビールとライブショーが楽しめるレストラン!|ゴルフツアー・ゴルフ旅行情報が満載[インパクとりっぷ]

2017.0901

バンコク★自家製ビールとライブショーが楽しめるレストラン!

インパクとりっぷ編集部

みなさんこんにちは!

9月に入り、少し肌寒くなる季節となってきましたね。

インパクトゴルフでは国内以外に海外方面のツアーもあり、タイが一番人気です★

タイは今の時期もまだまだ暑い季節が続いてます!

そんなまだまだ暑いタイに行く予定の方必見!

暑い夏にはビールがうまい☆ということで、今回はタイ・バンコクで、自家製ビールとライブショーが楽しめるレストランをご紹介致します!

IMG_9475_R.jpg

お店の名前は「タワンデーン ジャーマン ブリュワリー(TAWANDANG GERMAN BREWERY)

通称、「タワンデーン」はチャオプラヤー川沿いに位置します。

スカイトレインBTSの「チョンノンシー駅」からタクシーで約20分。

オープンは夜19時から。闇夜に黄金に光るドームが特徴的です。

「タワンデーン」はタイ語で夕日を意味するらしく、まさにその名の通りの店構えなのです!

IMG_9448_R.jpg

入ってびっくり!ビアホールとは思えない広さと席数!

一階のメインホールには正面にステージがあり、ここでミュージカルやライブショーなどが行われます。

我々が行ったのは22時過ぎでしたので、まさにボルテージMAX!大盛り上がりの時間帯でした^^

tawandang-german-brewery-bangkok.jpg

参照画像:BANGKOK.COM

見ての通り1階は十分な席数で、二人で来るのも良し、団体で来ても皆で席を囲めますね★

二階はステージを見下ろせる設計になっていて、カウンターのような席もあるので一人で楽しみたい方にもおススメです。

IMG_9451_R.jpg

バンコクでは「SHINGHA(シンハ)」や「Chnag(チャン)」のような瓶ビールが主流で、

日本ではなじみのない、グラスに氷スタイルで飲みます。

しかしここタワンデーンでは、バンコクでは珍しい自家製ドイツビールが飲めるのです!

種類は、「ラガービール」・「ダンケルビール」・「ワイゼンビール」の3種類。

日本のビアガーデンのごとく、サイズも様々。

0.3リットル(90バーツ)、0.5リットル(125バーツ)、1リットル(250バーツ)、2リットル(500バーツ)、3リットル(750バーツ)!!

4名以上で来ている席はやっぱり3リットルのタワーで頼んでいる方がほとんどでした。

1バーツは現在約3.3円なので、3リットルを頼んでも約2500円。一杯300円弱。これはタワー頼んじゃいますね。

IMG_9456_R.jpg

写真が横で見づらいですが、我々もタワー注文しました。二人で(笑)

このタワーからジョッキにそれぞれ注いでいくんですが、ジョッキが空きそうになると

すかさず店員さんが現れて、休む間も与えることなく注いでくれます。飲ませ上手です。(笑)

おかげでおなかパンパン。

IMG_9463_R.jpg

ステージはバンコクで人気の歌手やバンドなどの演奏で大盛り上がり!

ビールで気分もいいところにこの音楽で、みんな立ち上がって踊りだしちゃいます。

店員さんも接客しながら踊りだしちゃう、日本ではありえないような光景。

ビール好きで、音楽好きな方には最高にハッピーな空間です★

もちろんタイ料理もありますよ!

バンコクの定番パッポンで飲むのも楽しいですが、

いつもとはまた違うライブショー付のビアホールで楽しむのはいかがでしょうか?

バンコクに訪れた際にはぜひ一度行ってみてください♪

pagetop